株式会社山岸製作所

Topics
お知らせ

L'SCENA<リシェーナ>からのお知らせです。プレスリリースやイベント・セミナー・新製品展示会の情報、セール・キャンペーン情報などを発信しています。

スゴイ働き方改革! ~事例紹介 ホクショー~

2020.3.12

今回の働き方改革事例紹介はホクショー株式会社様です。

 

ホクショー様は金沢市示野町に本社を置く、総合物流自動化機器の製造メーカーとして、「最適なモノの流れを創造する」をコーポレートスローガンとし、国内外にて販売およびメンテナンスサービスなどを行っており、国内外にトップシェアを持つ、石川県を代表する製造メーカー様です。

 

ここがポイント

  • 工場のイメージを刷新。
  • 世界的なデザイン家具に触れ、ワークエンゲージメントを高める。
  • 執務室内のコミュニケーションスペースにはキッチンがあり、社員皆が集まれる空間に。
  • リフレッシュスペース兼食堂の充実。

 

【工場建設プロジェクト責任者様 (北村様)】

社員のワークエンゲージメントを高めれるよう、執務やコミュニケーションスペースなどに「しやすい・とれる」環境整備が目的。

 

1Fエントランス

まず、無人受付にはコーポレートカラーのブルー(MORTEX施工)を採用されており、目を引き付けます。

国内はもちろん海外からいらっしゃるお客様を 、世界を代表する家具がお出迎えしてくれます。

 

【工場建設プロジェクト責任者様 (北村様)】

エントランスは会社の「顔」でもあるので一番良い物でお出迎えしたいとおもてなしの心で家具を選定。

 

2F執務スペース

働きやすいワークスペースに、ゆとりのある動線が確保されています。

また効率化、ペーパーレス化を目的にモニターアームが設置され 、自由自在に動かせるので1人1人に合った高さ、角度に調整し、打ち合わせや作業に取り組むことができます。

 

色彩はモノトーンで統一されたシックな空間、

バラバラになりがちな小物もすべて統一されています。

 

【工場建設プロジェクト責任者様 (北村様)】

以前の事務所が手狭になってきたので、もっとゆったりした空間で執務が出来るよう、卓上のスペース、動線の確保をはじめ、整理整頓しやすい家具を選定し、業務効率がよくなった。

 

2Fコミュニケーションスペース

執務室内にキッチンがあり、人が集まりやすいよう工夫されています。

また、内装材には木を使用、観葉植物なども設置し、カジュアルな空間を演出。活発なコミュニケーションが促進されています。

 

可動式家具により、レイアウト変更に自由に対応できます。

コーヒーを飲みながらリフレッシュでき、ひらめいたイメージをすぐに書き込みるようホワイトボードを設置。

 

2Fリフレッシュスペース

休憩はもちろん、食堂、ミーティングスペースとしても使用できます。

こちらのスペースも家具のこだわりは止まりません。

 

内装とのデザインを合わせるため、造作家具(壁面収納、テーブル)を採用し、統一感ある仕上がりになりました。

人気のファミレススタイルのソファを設置し、ワークエンゲージメント向上が期待されます。

 

【工場建設プロジェクト責任者様 (北村様)】

コミュニケーション、リフレッシュスペース共に休憩だけの目的ではなく「社員の交流を楽しめる深めたい」が一番の目的だった。

また、今後も若手社員や女性社員の方々が増えていくなかで、内装家具のデザインにも十二分にこだわった結果、良い効果で出てきていると感じている。

 

 

【使用ブランド】

OKAMURA、内田洋行、Vitra、Cassina.ixc.、MAGIS、造作家具

 

 

最後に工場建設プロジェクト責任者様 (北村様)から「設計事務所、山岸製作所とのチーム連携で色々な案を出しながら、快適で仕事がしやすい良いオフィスになった」とお言葉を頂戴しました。

 

妥協なきオフィスづくりに携わることができ、私自身も非常に勉強になりました。

ありがとうございました。(横山翔)